たった4時間の睡眠でもスッキリできる睡眠とは?

スポンサーリンク
短眠

睡眠が人間にとっていかに大切かはいうまでもなく、普段の生活の中でも遅刻ギリギリになったり、デスクに突っ伏してしまっていたときに「ヤバイ・・・」と冷や汗等かきながら気づかされるものです。そして、美容にも大きく関係してくる大切な問題!しかし、早く寝たのに眠かったり、人によってショートスリーパー、ロングスリーパーとタイプが分かれてたり、睡眠に関して悩んでいる人はかなり多い。そんな睡眠に関して非常に興味深い情報を手に入れましたので紹介しますよ~。

4時間でもスッキリできる睡眠法

人は、最低8時間とか7時間は睡眠をとらなければならないとは言うけれど、ナポレオンやエジソン、ダヴィンチ、そしてスティーブジョブズ等は睡眠時間が非常に短かったことで知られています。

彼らは、いうまでもなく大変な偉業をなしとげた方ばかり。

では、彼らはみな特別な体質だったのかというとそうではないらしく、睡眠を小分けにして一日の中で複数とっていたそうです。

多相性睡眠法

一日の睡眠時間を小さく分割するという考え方。たとえば、移動の電車内や昼休み等に睡眠をとって、一日の睡眠時間の帳尻をあわせるのです。

しかも、昼寝の質は夜の熟睡状態と同等のものがえられるようでその疲労回復効果はなんと3倍の差があるのだとか。

これは、昼寝大推進委員会設立ですね!!

しかも、夜の睡眠を短く出来て、隙間時間を上手に睡眠にあてることがもしできたのならそれはもう一つお得なことがあり、時間をより多く使えるようになることです。

時は金なりとはよくいったもので時間は貴重です。みなさんも、ご自身の体質・体調を十分考慮された上で多相性睡眠法試してみてはいかがですか??

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加