アンチエイジングと保湿力の関係

スポンサーリンク

年齢肌の悩みにもシワやたるみ、シミなどありますが、アンチエイジングケアで一番大切なのは保湿です。美容大国韓国でも洗顔後3秒以内に保湿することで5歳は若返ると話題になっているぐらいなので保湿が大切だと分かります。ですから、洗顔後すぐにスキンケア化粧品で保湿することは大切ですが、化粧水をつけても肌がベタベタな状態で浸透力が悪いといった声も聞きます。

浸透力の悪さは乾燥しているから

化粧水の浸透力が悪いのは乾燥している証拠なのでまずは、スキンケア化粧品の浸透力を高めることから始めます。
スキンケア化粧品の浸透力を高めるのは意外と簡単で、半身浴をして毛穴を開いた状態で保湿すると浸透力も高まりますし、半身浴をする時間がないならホットタオルで代用することも出来ます。要するに肌角質を柔らかくすることで浸透力が高まるわけですが、マッサージだけでは肌角質を柔らかくすることは難しいので化粧水を使う前に浸透美容液を使うなど工夫してみることをお勧めします。
今は、化粧水と乳液の代わりになった浸透美容液も発売されており、スキンケア化粧品の費用や時間を節約するならこういったものを選ぶといいでしょう。保湿を高めると乾燥による目尻や口元の小じわ、ほうれい線を防げますし、肌にハリが出てくるので若々しい肌をキープできます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加