インフルエンザ予防に効果的なのは、手洗いうがい・・・ではなくて?

スポンサーリンク

インフルエンザなんていうタチの悪いものがこの季節になると流行ってきますよね。冬に限らず、春先とかにもインフルエンザにかかって辛そうにしてた人をISAMは去年の春にウェブカメラ越しに見て、ネットお見舞いした思い出があります。さて、そんなインフルエンザの予防のために、手洗い、うがい、除菌そして、ワクチンでの予防接種を行っている人、多いかと思いますが実は対インフルエンザ用にもっと強力な武器を私たちは持ち合わせているのですがご存知でした??

唾液(ツバ)はインフルエンザへの強力の武器

調べたところによると、人間の鼻水や唾液に含まれている細胞性免疫IgAってものがインフルエンザウイルスと戦うとても優秀なものなんですって!

だから、ドライマウスで口がカラカラになるのって良くないのね。

つまり、唾液をより多く分泌させればインフルエンザの予防に効果覿面ってわけね。

てなわけで、まだまだ気を抜けないインフルエンザ対策として、唾液の分泌を促す口の動きを多く取り入れたり、ガムを噛んだりこまめに水分補給して口内の乾きを防ぎましょうね。

ワタシは今からしばらく梅干にレモンをかけたものを食べてる自分でも想像してみます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加