モノの価値って?

スポンサーリンク

最近、考えたんだけど、モノの価値ってどうやって決まるのかしらね?そりゃ、お店で売るものは原料費やら手間賃やら考えて決めるんでしょうけど、たとえば、「これ、どうやって値段つけたの?」ってものあるじゃない?

絵画、美術品の価値って?

あれ、ダレがどうやって決めてるのかしらね?ワタシ、学が無いものだから、正直なところダリやらピカソやらの絵を見ても何の感情もわいてこないのよ。でも、テレビ番組とかで、ウン百万の値がついたりすることもあるじゃない??・・・壺とかもそうよね。もし、その価値・・・まぁ価格が、限られた人間の中での思い出とかなんやらを加味した上での価値であってそれが通用するのがその枠内のみっていうのならまだ分かるわよ?でも、「この絵は、百万円だ!この世でこの絵は百万円の価値があるんだ!」っていわれても「はー・・・」としかならないわよ学のないワタシには。

みなさんは、どうかしら?「ごりっぱ」な絵画や骨董品や芸術品を見て「いや!すんばらしい!」ってなる?それともISAMみたいに「ん~わかんない~」ってなっちゃう?

(本日、ちょっと違うテイストで記事を書いてみましたISAMでした。)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加