不整脈は食事療法で改善しよう!

スポンサーリンク

不整脈という病気はご存知でしょうか?実はワタシも不整脈を持っています。不整脈の方はご存知だと思いますがあの突然やってくる動悸、そして胸部の痛みはつらいですよね。ワタシも最初、不整脈だと知らずに発作(っていうのかな?)がおきたときには「これ、死んでしまうんじゃないだろうか!?」と泣きそうになったのを覚えています。なんせ当時小学生でしたから。

さて、そんな不整脈を食事療法で改善できるという情報を見つけましたので今回紹介したいと思います。

(*今から紹介するものはあくまでISAMが個人的にインターネット上で収集した情報です。医学的な根拠等については把握しておりませんので、その効果等については保証いたしませんので情報を利用して食事療法を実践される場合は各々の責任の元でやってください。また、実践前に医師に相談の上で行われることをおすすめします。)

不整脈の食事療法

1、自律神経を安定させよう

なつめ、麻の実、胡麻、ゆり根、発芽玄米、海藻等には自律神経安定作用がある。

ホルモンの安定には発芽玄米、ゴマ、よもぎ、ぎんなん、人参、かぼちゃの種、
大豆、黒豆が良い。

2、塩分は摂り過ぎないで!

ミネラルバランスを考えるなら、山芋、黒ゴマ、ひじき、わかめ、昆布、
もすく、のり、青のりを摂りましょう。

3、血流を促進しよう

血流促進にはニラ、ねぎ、玉ねぎ、わけぎ、らっきょう、ニンニク、くず、味噌、醤油
血液の浄化作用には大根葉、人参葉、ハトムギ、よもぎがおすすめ

4、コレステロールを下げよう

ナッツ類や鯖などの青魚にはコレステロール値を下げて動脈硬化や不整脈の予防につながるとされるオメガ3脂肪酸が含まれているのでおすすめです。

5、飲料物だって気をつけて!

ジュース等の飲み物も糖分が含まれているので気をつけましょう。糖分の摂り過ぎも不整脈にはよくありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加