寝不足は早死に肥満の原因!?なら、寝不足に効く安眠のツボで解消しましょ!

スポンサーリンク

寝不足が、早死にの原因だったり、肥満の原因になるって話は有名な話かもしれないけど、じゃぁ、実際にどう寝不足を解消したらいいかわからないものよね。

早めに寝たからってそれでちゃんとグッスリ眠れるかっていうと、・・・寝れないわよ!ワタシは考えるとや、悩み事が沢山あってなかなか寝付けないの!っていうワタシみたいな若くてピチピチなガールズ多いんじゃなくって?・・・あ、ボーイズもいるかしら?

早死にに肥満、寝不足による悪影響は深刻!

自律神経が狂ったり免疫力が低下することによって、体調全般に悪影響をきたすそうよ。特に、免疫力→病気→早くしんじゃうわよ? 自律神経→代謝→おデブさんになっちゃうわよ? ってことね。でも、逆に考えれば、ちゃんといい睡眠をとれれば、スタイルよくなって健康でいられるってことよね?

寝不足はツボ押しで解消できるかもよ

寝つきが悪いとか、そういう寝不足ならツボで解消できるかもよ?っていうのが今日の記事の本題なのよ。じゃぁ、寝不足に効く安眠のツボを紹介するわね。

寝不足に効くツボ1-安眠

位置は耳の後ろの尖った骨(耳たぶの少し右上辺り)より指一本分下の、うなじの際。
名前の通り不眠に効く代表的なツボで、リラックス効果や自律神経の調整効果もあります。親指や人差し指・中指の2指で押すと、脳みそがほぐれるような気持ちよさが感じられます。ここがやたら凝っている場合は、体が睡眠を欲しているか、睡眠障害の症状が出ているとの事。確かに疲れている時は、この部位のハリが強くなっているように思います。

出典:http://is-work.com/huminnshou1350

寝不足に効くツボ2-完骨

場所:耳の後ろの出っ張った骨の後のくぼみ
自律神経のバランスを整え、頭部の血流を改善する働きがある完骨。
疲れた脳に効き、頭や目の働きを良くします。精神の安らぎをもたらす、癒し系のツボとしてよく知られています。
*ポイント* 親指をツボに押し当て、骨のキワを上に押し上げるように押そう!

出典:http://www.e-makura.com/column/thubo/15-kankothu.html

寝不足に効くツボ3-天柱・風池

後頭部の真ん中にある2本の太く堅い筋肉が頭につながるところの左右すぐ外側に天柱(てんちゅう)と言うツボがあります。さらに、天柱のツボから、指1本分外側に風池(ふうち)というツボがあります。この天柱、風池のツボは、頭や首を支える働きがあります。
そしてこのツボの下側に、椎骨動脈(ついこつどうみゃく)が走っており頭、脳に血液や酸素を供給しています。しかし、このツボの血流が悪くなりますと、後頭部の筋肉は緊張して、硬く凝り、椎骨動脈の血管を圧追して、脳への血流不足や酸素の不足、自律神経の緊張が取れない状態になります。

従って、この後頭部の天柱、風池のツボの血流をよくしてあげると、不眠、頭重感、寝つきがよくなり、目覚めが良好になり、頭痛、めまい、耳鳴などの症状に効果があるツボです。

出典:http://www.tsunogai.com/tsubo/humin.html

ISAMが実際に安眠のツボを押してみた感想

まだ、ツボ押して寝たわけじゃなくただ押しただけだけど、まぁそこそこ気持ちいというか、痛気持ちいいって感じかしらね。頭の中が「ゥワー・・・・」ってなる感じよ♪

ていうか、全部うなじ周辺じゃない!?

ここまで気長に読んでくれた人ならおそらくもう気づいてると思うけど、そうよ!全部うなじ周辺なの。だから、普段から、うなじ周辺をさすってるだけでも効果はあるらしいわよ?

さぁ!今すぐスマホを左手に持ち替えて右手でうなじをナデナデしてごらんなさい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加