小顔体操!?1日10秒の顔ヨガで小顔美人になってみませんか?

スポンサーリンク

小顔美人なんて言葉、自分で書きながらこんな言葉誰が作ったんだろう?って思いました。だって、顔が小さくでも美人じゃない人もいるし、顔が大きくても美人な人はいますよね?でも、世間が小顔美人なんて言ってる人が多いのだから仕方ない・・・なら、小顔めざして1日10秒の顔ヨガやってみませんか?

1日10秒の積み重ねで差をつける!簡単小顔ヨガのやり方

顔ヨガ

顔ヨガを伝授してくれたのは間々田佳子さん。ご自身も顔ヨガで若さと自信を得たようです。

顔ヨガのやり方

まず、顔を中心にギューっと寄せ集めましょう。口も「ちゅー」っとすぼめます。

次に、顔を上にあげ舌を突き出す三角の舌ポーズを行います。これは、二重あご解消に効果があるそうです。

それが終わったら、ムンクのぽーず。ムンクの叫びの絵のような顔をしましょう。若干、「怖い!」と思うようなこのポーズ。実はほうれい線をなくすのに効果があるそうなのです。

最後は、こめかみリフトポーズ。

まず、あぐらをかき座った状態で右手を地面から45度あげます。

そして、左手で右側の目じりあたりに中指と薬指をおきます。

左手で顔を左にひっぱり右手と平行になるようにします。

そしたら、舌を思い切り下につきだしましょう。

このとき右手は一度グーにして親指、人さし指、小指だけ伸ばします。

これを、反対側も同様に行いましょう。

(詳しい顔ヨガのやり方はコチラ)

表情豊かなことが大事

この顔ヨガお見て思ったのですが、普段から表情豊かであることが大事なのではないかなと思いました。そういえば、お笑い芸人の方々って、割といつまでも若々しいお顔の方多いとおもいませんか?彼らは、自らの話術で人を楽しませてくれます。そして、テレビのバラエティ番組などではトーク中等に子供のようにはしゃいだり、おどけてみせたり、あえて怒った顔をしたり、泣いたり、腹の底から笑ったり、非常に表情豊かにふるまうことによってワタシ達を楽しませてくれます。

普段の生活ではどうする?

ワタシ達が、お笑い芸人の方のような表情で日常生活を送ったりそれで仕事をするのは難しい部分もあると思います。なので、友達と遊んだり、食事したりする自由なプライベートな時間に思いっきり笑ったり、驚いたり、ときには常識の範囲内でふざけてみたりするのも若々しい顔や心を保っていくことにつながるのかもしれませんね。

そうときまれば、今晩、ワタシは久しぶりに友人達と童心に戻ってどこかへ騒ぎにでもいってこようと思います。

も、もちろん美容のためですよ!!

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加