手帳に関する友達との会話とISAMの考え

スポンサーリンク

お仕事で使われる方も多いのではないでしょうか?手帳って便利ですよね。スケジュールとか、仕事のこととか、書き込めるしなにより使い方一つで予定や仕事を一冊でちゃんと管理できるんですもの。勿論ワタシも使ってるわよ。

それでですね、その手帳についてついこの間友人とちょっとした議論があったのです。

使う手帳で仕事の出来る出来ないが決まる??

まぁ、こういう打ち出し方で自社の手帳を宣伝している企業はいるでしょうけど、ワタシ個人的にはそんなにこだわらなくてもって思います。

ところがその友人A子は、「○○の手帳じゃないとまず、出世はできないわね。」

と・・・まぁワタシの職場にもそんな人がいたなぁと思いながら

「別に、出世欲とかワタシそんなにないからいいけど、なに使ってもあんまり関係ないんじゃない?」と反論。

そしたら、

「だからISAMはダメなのよ。○○を使えば仕事だってプライベートだって究極に時間管理が徹底してできるのよ?人生のプラン、10年後の自分、職場での自分の使命、自分はどういう人間なのか・・・そういうの考えたことある?この○○でワタシは人生を大成功へと・・・」

あ~もううるさい!と思って「ハイハイ」と強制的に話を終わらせました。

10年後とか、使命とか、・・・プラン無しでアルバイトを転々としているA子にはどんな使命があり未来が待っているのかな?と少し考えてしまいました。

さて、A子の話はまぁいいとして、ワタシは、手帳は普通レベルのものを使えば十分だと思っています。普通というのは値段のことで、まぁ人それぞれ色々な価値観があるでしょうけど、店頭で売られているのって1000円~せいぜい5000円ぐらいまでではないでしょうか?

それが、中身とカバーあわせて数万円もするような手帳を使えたからといって「人生」まで変えられるとは到底思えません。もし変えられた人がいたのであればそれは手帳のおかげが100%とは言い切れないような気がします。

色んな手帳試したけど、自分がお気に入りのものが一番!

実はワタシも一時期手帳選びにはまって色んな手帳を試してみた時期がありました。システム手帳やノートタイプのもの、本にカバーがついたようなものと色々試してみましたが、今は3000円ほどで買えるお手ごろな手帳で落ち着いています。というのも、その手帳が一番ワタシにとって使いやすく、デザインもワタシ好みだったのです。今で3年目になりますがとても重宝しています。高い手帳を買って、使い方を調べ使ってみたこともありますが、・・・うまい表現かどうかわかりませんが、ワタシには窮屈に感じました。今の手帳は、自由に使えて自由に書き込める感じがとてもワタシにぴったりなんです。

この、「ワタシにぴったり」

が、その人にとってイイ手帳かどうかのポイントではないかとISAMは思っています。

だから、今回登場したA子のもっているブランド物の手帳を悪くいうつもりは全くありませんが、「こうしたいなら、こうじゃないとダメ!」っていう考えは世の中全てに通ずるものではなく、人のことを否定するべきでも、人を低く見るもしくは低く見ているととられるような事を言うべきでもないです。ましてや手帳とか財布、バッグのような持ち歩くものって自分の気に入ったものじゃないと気分もあがりませんしね。

みなさん、仕事もプライベートも自分のお気に入りを持って自分らしい明るい人生にしていきましょうね♪

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加