洋風以外でもファッションセンスを磨ける!自宅で簡単にセンス磨きをする方法

スポンサーリンク

ファッションセンスときくと、ついつ洋服選びやファッション雑貨、バッグ選びやヘアースタイルなんかを連想しがちですが、着飾ることがファッションセンスのすべてでは決してありません。町でも学校でも職場でも、「なんかスタイリッシュだね」とか、「オシャレのオーラが漂ってるね」と感じる人っていませんか?そんな人は、自分にまとうもの以外でセンスを磨いてそれを真にモノにしているのかもしれませんね。では、そういったセンスはどうやって磨いているのでしょうか?
別に、高い塾に通うわけでも、雑誌を買いまくるわけでもなく自宅で簡単にできるセンス磨きの方法、ご紹介します。

自宅でできる簡単センスを磨く方法

まずは、姿勢から

姿勢を正すことは大切です。どんなにいいものを纏っていても猫背のような悪い姿勢だったらイマイチですよね?

鏡を使って、自分の意外な角度を知る

普段、真正面から鏡をみることが多いと思いますが、三面鏡などを使って自分の横、後ろなんかも見渡してみると意外な角度というものに気付くと思います。つまり、自分の普段のいでたちの死角を見つけるのです。四方八方どこから見られても凛としていられたらそれってスゴクかっこいいですよね?

服をたたむ習慣

服なんて、たたんで当たり前!と突っ込まれるかもしれませんが、はなしてそうでしょうか?仕事でヘトヘトになって家に帰って、洋服の山を発見して今日のところは撤退!といわんばかりにグタっと寝てしまうなんて人も多いのでは?
その場しのぎだけでなく、洋服を普段からキチンとたたむ習慣を身につけましょう。

色彩を考える

色のバランスを知ることはファッションセンスのみならずさまざまなセンスに通じます。

他人をよく観察してみる

自分大好きな人がたまにいますよね?ポジティブなことは大切なことですが、あまり自分の世界にばかり浸っているとセンスが凝り固まってしまいます。周りの人、街中で歩いている人いろんな人を観察していいセンスをとりこんでいきましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加