洗顔方法にご注意を!やってはいけないスキンケアとは?

スポンサーリンク

あなたの洗顔方法は間違っていませんか。良かれと思ってスキンケアしていたら、実は良くなかったと言うことが実際にあります。特に洗顔はお肌を美しく保つためにはすごく重要な役目を持っています。間違った洗顔方法を取り入れないように気をつけてください。
洗顔方法で良く間違うポイントは、「洗いすぎ」です。脂性肌の人は肌がすぐに脂ぎってくるため、顔を何度も何度もしつこく洗ったりします。しかしこれは肌に良くありません。肌を何度も洗うと肌のセラミドが流れ落ちます。すると肌の潤いを逃してしまうことになり、肌が乾燥するのです。これを補うために勝手に肌が皮脂を分泌して、べたべたの状態にしてしまうことがあります。

洗顔しすぎはNG!

洗顔をするのは1日に2回まで。あとは汗でべたべたになった時などに限定してください。すると肌の状態はよくなります。
それから擦り洗いはやめましょう。肌をゴシゴシ擦って洗うと、肌の表面を刺激しすぎて、肌のバリア機能が低下します。これは肌荒れを悪化させてしまう恐れがあるので、やめてください。決して擦らずに洗顔の泡を思いっきり泡立てて、泡をクッションにして洗うようにしましょう。なるべく肌を触らずに洗顔することで肌のバリア機能が正常に保たれます。このように洗顔方法には気をつけてください。やっては行けないスキンケアをしないように注意しましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加