猫背を治したい?だったら、姿勢を直すよりも・・・考え方を変えてみませんか?

スポンサーリンク

実は、ワタシもそうなのですが、猫背って辛いですよね。辛いというよりも、人から見られたときにカッコ悪い・・・だから、なんとか猫背を直したい。と思ってます。でも、猫背ってなかなか治らないんですよね?意識しているときはピン!と良い姿勢になれるのですが、少し気を抜くといつの間にやら猫背になっていてふと鏡を見るとなんともだらしない自分が映っている。そう、まるで年老いた老婆のような姿勢の自分が。

どうせなら、人目があるときでもないときでもピンとしたキレイな姿勢でいたいもの。

じゃぁ、どうやって猫背を直し良い姿勢にしていくのか?という話になりますが、悪い姿勢を直すというよりも視点を変えてこういう考え方はいかがでしょうか?

猫背にするほうが辛い。姿勢を悪くするのが辛いカラダづくりとは?

猫背 なおす

結局、目指すところは一緒なんですけど、猫背の直し方というよりも、そもそも悪い姿勢になるのが辛くなるようなカラダを作ればという考え方です。だってそうですよね。

姿勢が悪くなるのって意識的ではなくついついなっちゃいますよね?

それって、

悪い姿勢の方が自分にとってラクな姿勢になっている

ということなのです。

では、どうすれば悪い姿勢にするのが辛くなるカラダになるのかというと、

体のゆがみを矯正していき直すことが大切なのです。

体のゆがみ矯正に役立つトレーニング

さまざまな方法があります。

以前、このサイトでも紹介した「骨盤ダイエットでダイエット効果と美容効果も」の中で書いてある骨盤ダイエットもカラダのゆがみを矯正する運動の一つですが、他にも

体のゆがみを矯正する体幹トレーニング

両足をそろえ、直立した状態からスタートします。両手をカラダの前で組んで片ひざを90度まげてキープします。片足を上げた状態で30秒キープします。

このときに、呼吸は止めないように注意しましょう。

太ももに筋肉を集中させ、顎を引いて方の力を抜きましょう。

足をあげたときに体が前後に傾いてしまうのはいけません。お腹にしっかりと力を入れて頭の先に糸がありつりさげられているようなイメージでまっすぐの姿勢を保ちましょう。

筋トレを行う

筋トレを全身の筋肉をしっかりと鍛えることで姿勢もちゃんとしてきます。

ここでは、背筋のトレーニングを紹介します。

背筋の筋トレ

うつ伏せに寝て顎の下で手を組みましょう。そして、肩幅よりもやや広めに足を開き両足を上げて3秒間キープしましょう。

そのままゆっくりと足を元に戻します。

姿勢が変わればもっと美しくも慣れる

姿勢が改善されれば、美しさだってもっともっと!

頑張って、良い姿勢を手に入れましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加