美顔器の3つのデメリット理解してる?美容目的で買うはずの美顔器の知っておきたい事実

スポンサーリンク

美顔器って毎年進化してますよね~。電気やさんに行けば、さまざまなタイプの美顔器が置いてあって、形や色はもちろんのことその性能や価格も色々。そういや、美顔器の相場っていくらぐらいなんでしょうね?ところで美顔器のデメリットってみなさんちゃんと理解されていますか?美顔器は、ワタシ達のお顔を美しくしてくれるなんとも素敵なアイテム・・・・のはずなのですが、もしかしたらアナタのお顔から笑みではなくアナタの目から涙がこぼれてしまうような悲しい存在になってしまうかもしれないのです。なので、これから美顔器を買おうと思うけどどうしようかと悩んでいる方がいれば是非目を通していただければと思います。

意外に意識できてない!?美顔器の3つのデメリット

美顔器のデメリット1-肌への負担が実は大きい

肌を美しくするということは何かしらの働きかけがあって効果を得られているということ。つまりその分肌にも負担がかかるのです。特に、微弱電流を用いた美顔器には注意してください。「美しくなるためなら!」と回数を増やす人がいますが、絶対に避けましょう。説明書を見たりメーカーに問い合わせたりして正しい頻度で使いましょう。じゃないと、肌が大荒れなんてことにもなりかねません。

美顔器のデメリット2-高い!

美顔器はやっぱり、高いです。最初はどうしても本体を買う必要があるのでお金がかかってしまいます。まぁ初期投資ってやつですよね。もちろん、数千円のものから数十万円と相場を表しようがないピンキリの激しいものですが安物買いの銭失いとはよくいったものであまりにも安物を追い求めるとムダな買い物になるし、高いものを買ったからといって必ず効果が保証されているわけでもありません。美顔器を買うならある程度まとまった出費となることを覚悟しておきましょう。

美顔器のデメリット3-肌に合わない場合もある

化粧品って、人それぞれ合う合わないがありますよね?それと同じように美顔器も合う合わないがあります。コスメなら合わなきゃ次からやめるって簡単ですが、数万かけた美顔器はそうはいきませんよね?美顔器は返品がきかないものも結構あります。あとで悔しい思いをしないためにも美顔器を買う前には肌の専門家等にそうだんしてみてもいいでしょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加