自分に合った化粧の仕方とはどんなものかな

スポンサーリンク

自分をより良く見せるために、社会の身だしなみとして化粧は必須です。社会用の化粧の仕方とより良く見せる化粧は全然違います。社会用はナチュラルメイクです。誰にでも好印象を持たれるように、濃くしてはいけません。ファンデーションをぬって、チークをいれて、アイシャドウも白や薄ピンクなどの淡い色をつかわなければいけません。つけまつげはNGです。眉毛は濃いめに描きましょう。髪をまとめたら社会メイクの完成です。普段はBBクリームをぬって、粉をパタパタして、アイシャドウも茶色や黒など濃い色を入れています。つけまをして、マスカラもぬって、

チークも薄っすらつけます。大人っぽく見える化粧を心がけています。化粧は難しいと思います。美人系の顔の人が可愛い系の化粧をしても似合わないのが難点だと思います。逆もまた然りです。そのため、自分の顔をよく知らなければなりません。顔を知ってから、メイクの仕方を研究するのです。分からないときは、化粧品売り場の店員さんに相談してみましょう。きっとヒントをくれます。それで気に入らなかったら、また研究しましょう。自分のことを一番わかっているのは自分なので、化粧の仕方も人それぞれです。雑誌で載っているからといって、流行の化粧が自分に合っているわけではありません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加