視力が悪い人にしか見えない文字がtwitterで話題に!視力が良い人でも文字を読む方法も

スポンサーリンク

読めたらガッカリ、読めなかったら悔しいといわれている「視力の悪い人にしか見えない文字」というものがtwitterやfacebookといったSNS上で話題になっています。

視力が悪い人にしか見えない文字

視力が悪い人にしか見えない文字出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/rjc/imgs/5/1/51812fbf.jpg

ワタシは、視力は良い方で、両目ともに1.5の視力でメガネやコンタクトレンズにもお世話になったことはありません、最初、この画像をみたときは文字などまったく見えませんでいた。その時ワタシの脳裏をよぎった感情は「悔しい!視力はいいけど、なんとかして見たい!読みたい!」と思い、この視力が悪い人にしか見えない文字の解読に挑みました。すると、ある方法で解読に成功したのです。

視力が悪い人にしか見えない文字を視力の良い人が読む方法

ワタシの勝手な認識かもしれませんが、視力が悪い人って、

視力が良い人が「あ、見えにくいな」って感じる状態と同じなんじゃないかと思いました。目が悪いって、モノが見えづらいってことですよね?

なので、意図的に視界がかすんだりぼやけたりするような状態を作り出すにはと考えていると、思いついたのが「寝起き」の状態。寝起きすぐって視界ぼやけたりしませんか?あの状態を再現できればいいわけよね!と思いパソコンのディスプレイの前で強く、アノ人のことも想ったりしながら目を閉じました。そして、パっと目をあけると、「・・・ああ!読めた!!!!」

と、無事文字は読めました。

あと、見えづたらい状態といえば、小さいものを見るとき。なので、画像をパソコンに取り込んで縮小して見ても文字を読むことができました。

視力が良いいがために読めないけど、どうにか読んでみたいという方は是非試してみてください。

それにしても、

みえたら目がわるい??ホントかなぁ??・・・

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加