貯金のコツを知って結婚も安心!30代貯金平均額を上回ろう!

スポンサーリンク
100円-イラストs大

貯金の仕方は人それぞれ、貯金の額もひとそれぞれ。貯金の平均額ってどうなんだろう?定額貯金や500円貯金、節約術、色々な貯金術・・・色々試したけどなかなか貯金できない。・・・はい、アラサーのISAMもなかなか貯金できていません。でも、ISAMのような30代でもちゃんと貯金できている人はできているし、10代、20代という若い世代の方でもしっかりお金を貯めている人もいます。今回は、そんな貯金に関するお話。ちょっとしたことでお金を貯めて貯金を増やせるようになるコツやルールをお教えします。自分にあった貯金法を見つけて実践していただければと思います。

残ったお金ではなく先取りで貯金しよう

貯金できない人に多い共通点の一つが、お金が残ったら貯金しようという考え方。これではなかなか思うような貯金はできません。先取りして毎月これだけ貯金するという金額を決め貯金していくと効果的な貯金ができるでしょう。

クレジットカードでの支払いはやめる

やむをえない場合を除いて、クレジットカードでの支払いはやめましょう。非常に便利なものですが、金銭感覚が麻痺してしまいがちです。知らない間に多額の支払いをしていたなんてことになったら、そんな状態が続けば、貯金なんてなかなかできないですよね。

浪費か消費か投資かを考える

消費は、生きていくうえで仕方ない支払い。食費や光熱費などですね。投資は株式やFXという意味だけではなく、将来の自分のためになることなのかどうかということです。アナタが、外資系企業への転職を希望していてTOEICや英検受験のための教材や教室に支払うお金は投資といえるかもしれません。浪費とは、無駄遣いです。・・・浪費を減らしましょう。

楽しみ・我慢のバランスを考える

楽しみにはお金がかかるもの。でも、そればかりだと散財してしまいます。かといって、我慢ばかりしていると、精神衛生上もよくありませんし、その我慢の反動で思わぬ出費があるかもしれません。楽しみすぎてもダメ、我慢しすぎてもダメ、バランスを考えましょう。

テレビ、パソコン、電気のつけっぱなしをやめる

エコがうたわれだしたときから言われてることですが、私たち自身のエコ・経済にとってもいいことなのでつけっぱなしをやめるようにしましょう。

お金をしっかり管理しよう

お金の管理とは、家計簿をつけましょうということです。家計簿をつけることによりお金の流れを明確に把握できます。ISAMも最近家計簿を始めました。家計簿をつけると、「え?・・・・この日ってこんなに使ったの!?」というような使いすぎも認識することができそれだけでも自信を抑制することにつながります。ワタシもつながりました。なんで、みなさんも家計簿つけましょう。

いずれの方法にせよ、みなさんストレスをため過ぎずに自分にあった方法で楽しく貯金していきましょうね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加