1週間でシェイプアップ。ウエスト-3.5cmだって可能とする簡単体幹トレーニングとは?

スポンサーリンク

シェイップアップしたい!ウエストを痩せたい!ぽっこりお腹をへっ込ませたい!という悩みは、いつの世も抱える人の多い悩みでしょうが、夏がすぐそこ!水着を着るのにダイエットしなくちゃ!なんて実は思い悩んでいる人もいるのでは?というか、結構いますよねきっと。はい、ワタシもダイエット希望者です。今回は、そんな何が何でも夏までにどうにかしてダイエットしたいという方に、きっと結果にコミットしてくれるであろうダイエット・シェイプアップ法を紹介します。

ええ?1週間でウエスト-3.5cmの体幹トレーニング!?

今回紹介する体幹トレーニングで1週間でウエストが3.5cm痩せたなんていう結果もあるようです。期待できますね。

お腹ぽっこり解消のための3ポイント

まず、ぽっこりお腹を解消するために必要なポイント3つを紹介します。

・腹筋を鍛える

引き締まった腹筋は美しい姿勢を維持でき姿勢改善にも一役買ってくれます。

・もも裏とヒップの筋肉を鍛えてももの表をほぐす

これが逆だとお腹に脂肪がたまりやすくなってしまうのです。

・内臓を正しい位置に整える

内臓がいわゆる下がってしまった状態になってしまうとお腹がぽっこりでちゃうんです。正しい位置へ内臓を導きましょう。

以上の3つがぽっこりお腹の原因。では、それらの解消のためにどんなエクササイズをすればいいのでしょうか?

3つのエクササイズとストレッチの組み合わせでお腹をシェイプアップ

呼吸の運動
膝を曲げて仰向けで寝て、息を吸って、吐いてを繰り返します。
1,息を吸ったときにお腹を膨らませて吐いたときにへこませます。
2息を吸った時にお腹をへこませて、吐いたときにもとに戻します。
3息を吸いながらお腹を目一杯膨らませて、細く長くゆっくりと息を吐きながらお腹を戻します。完全に吐ききった時のお腹のへこみをキープしたまま呼吸を繰り返します。おなかは軽くしめたイメージです。

1~3をそれぞれ10回ずつ、目安に行いましょう。
プランク
腕立て伏せの姿勢から写真のようにして肩の下にヒジをつけます。
頭・みぞおちの後ろ・おしりが一直線になるようにして空中で体幹を安定さます。呼吸は、息を吸いながらお腹を目一杯膨らませて、細く長くゆっくりと息を吐きながらお腹を戻します。完全に吐ききった時のお腹のへこみをキープしたまま呼吸を繰り返します。おなかは軽くしめたイメージです。

15~30秒キープを3セットを目安に行います。
ダイアゴナル
肩とももの付け根から床に垂直になるように手とヒザをついて四つ這いになります。頭からおしりまで一直線にします。左(右)手と右(左)足を一直線になるようにまっすぐにあげます。この時、手のひらは横を、つま先は90度を意識しましょう。左右交互に10回を目安に行いましょう。

出典:http://stretchpole-blog.com

ストレッチ

ももの表を伸ばす運動
ポイントは曲げている方のももを伸ばすイメージで体重を後ろへかけることです。左右15~20秒を目安に行いましょう。

ももの付け根を伸ばす運動
片膝立ちをし胸を張り前の脚へ体重をかけます。後ろ脚のももの付け根から表にかけてストレッチ感を感じましょう。左右15~20秒を目安に

もも全体を伸ばす運動
ももの付け根を伸ばす運動の状態で後ろの脚を曲げて足首を持ちかかとをおしりへと近づけましょう。左右15~20秒を目安に

出典:http://stretchpole-blog.com

いかがでしたでしょうか?

どれも難しいトレーニングはなさそうですね。

頑張って夏までにクビレたセクシーボディ目指しましょう!!

ライター:ましまろうさぎ様

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加