2015年の夏は絶対マストなキモノスリーブを着こなそう!

スポンサーリンク

数年前に、ファッショニスタと言われたニコール・リッチーが火付け役となってブームになったキモノスリーブが2015年の夏ファッションにも再燃しています。キモノスリーブとは、薄い生地のボタンも襟もない、まるで着物の袖を普通の袖にしたような羽織です。生地が薄いので、長袖の多いキモノスリーブであっても夏に着ることができますし、日焼け防止にもなり、その上1枚で主役級の服ですから、1枚持っていると便利で、ファッションレベルも上がります。

おすすめは、やはり、今年の夏もトレンドのボーホー系の柄や、花柄は花柄でも、大きめの花柄が今年は主流となっていますから、それを選びましょう。
色が明るめの色を選ぶと、夏に長袖のキモノスリーブを着ていても、他人から暑苦しく感じさせることはありません。
できれば、ショート丈にすると、より涼しげに見えますし、様々なボトムスと合わせることができるので、おすすめです。

ボトムスにはショートパンツやデニム、それにタイトスカートなどを合わせて、サンダルは今年のトレンドであるペタンコの物を選ぶと、2015年の夏ファッションを自然に取り入れることができ、しかもおしゃれに見えるので、是非キモノスリーブをゲットしましょう。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加