YouTubeで、お子様をネタに動画を載せてるのってどうなんでしょうね

スポンサーリンク

最近、YouTubeを見ていると、小さなお子様がおもちゃで遊んでいたり、お料理やってたり、そういう動画をよく見かけます。
おそらく、お子様本人の意思ではなく親御さんにやらされているのだとは思うのですが。
見ているととてもほんわかした気分になって「可愛らしいお子さん達だな~」と思うのですが、どうもその背景にいらっしゃる親御さんたちがどういう意図でやっているのかが気にかかって仕方ありません。

子供の人権はどうなの?

誰かに自分の行動を見せてうれしく感じる人と、人に自分をさらけ出すことに抵抗を感じる人がいます。子供の頃はその判断がまだ十分にできない気もします。まして、リアルに人前でなにかをやるのではなくネット上でのことなら子供はピンと気にくいかもしれません。ワタシは昔YouTubeに動画をアップロードしていたことがありますが、顔は出しませんでした。というのも、ネット上にあるものは下手すれば一生残る可能性があるからです。親子仲良く動画をアップされている動画も見ますが、子供の顔だけ動画で出させて自分は管理に徹する。管理だけってのはいいですよね。顔だしたりしなくていいし、見世物にされてる感もありませんから。
ワタシのゆがみ切った性格のせいなのか、どうも親が自分の子供を見世物にして商売しているようにしか思えません。

子供の今後の人生に何が起きても責任をとれるのか?

YouTube 子供

今の時代、色々な便利なものが増えてきました。そして、ヘンな人も増えてきました。子供が巻き込まれる犯罪も昔より増えました。子供の容姿が映し出されて、へたすりゃ一生残るかもしれないweb上にかわいいわが子の動画はワタシが親だったらどうしてもアップロードする気にはなれません。
なにかに巻き込まれなかったとしても、変な画像加工なんかされてネット上で出回ったりしてもイヤですよね?

子供の賃金は??

子供のお年玉なんかを親が管理しているって話は良く聞きますが、YouTubeに子供の行動や遊び風景をメインコンテンツとして動画をアップロードし、それで得た収益に関してはお年玉とは話が違ってくると思います。子供が18,19,20歳ぐらいになったときに、自分の行動を動画でアップされてそれで親がウハウハ稼いでいたとしたらどうでしょうか?食費や生活費も子供のためのお金ではありますが、ワタシだったら親に言うかもしれません
「オイ、銭払えやォラ!」(やだ、乱暴な言葉使っちゃった)

もし、その収益を全額(確定申告後の金額を)まるまる貯金して、お子様が成人したときぐらいに「これは、アナタが小さい時に頑張って稼いだお金なんだよ」と全額、まるまる渡すと誓える親御さんがいるのであれば、それは大変立派な親御さんだと思います。

子供をお金儲けに「利用する」のはワタシはあまりいいとは思えません

スポーツ、芸能、音楽等の分野で小さい頃から親御さんの指導や勧めで業界に入り、プロになった人もいるでしょう。子役なんかもその類だと思います。
しかし、公的立場からの完全に作品としての発信とYouTube上に私的立場から私生活のような動画の発信は全く違うものだと思います。
YouTubeでお金儲けしたいのなら大人である親側がなにか作って公開すればいいのではないかとワタシは思います。
もし、この記事を見て「私もYouTubeで子供の動画を載せているがそれは金儲けではない!みんなにカワイイ我が子を見てもらいたいからなんだ!」という人が万が一にもいるのだったら、そういう人にはオススメします。

いますぐ、YouTube上の広告を完全に非表示にしましょう。
YouTubeなどという不特定多数が見られる場ではなく、友人・知人同士の限られたスペースで見せあいっこしましょう。
子供にだって人権はある!無暗に子供の顔、容姿、プラベート、服装、名前、行動をweb上で公開するのはやめましょう!

子供という大切な存在なんですから。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加